カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

KING OF SHOP

text by okumura



2013年10月27日(日)に岐阜県SNOVA羽島にて開催されました『King of SHOP』において、当店 プロショップ ベルズ が優勝する事ができ、昨年に続き2連覇を達成する事ができました。


今年で8回目を迎えるこのイベントは、SNOVA羽島/NORTH SHOREの星野徹 氏らが企画して始まったイベントで、優勝すると巨大なトロフィーと、SNOVA羽島のゲレンデにショップ看板を無料で設置してくれるという、まさにショップの看板を背負って戦うイベントです。





競技方法は3人1組でエントリーし、種目はストレートジャンプで競います。
まず予選を行い、予選を通過した16チームがトーナメント方式で戦っていきます。



個人戦ではないので、余計にプレッシャーがかかるわけです。
自分がこけたらチームが負ける。

正直、最初は室内ゲレンデの大会、という認識でしたが、開催が続くうちに年々盛り上がりを見せ、今では多くの有名トッププロライダー達もエントリーしてくるようになりました。


今年の第8回大会には DVDプロダクション HYWOD から、岡本圭司、田中陽、平田巧 らがチームでエントリーしてくるほどです。



毎年、ベルズからもエントリーはしていましたが、火が着いたのは3年前です。



ここからは少し私の主観も入れて紹介させていただきます。少し長くなりますので、面倒な方はこの辺りで…




3年前のこのイベントにベルズから2チームでエントリーしました。


左から、新井ユキ、後藤ユミ、横田マオト

マオトがうちのお店に来てから、ライダー達の絶対的なシンボルになって、その頃からチームとしてみんながまとまりだしてきた気がします。

それと後で紹介しますが、左の新井ユキも いい働きをしてくれるんです。




もう1チームが、高校1年生の双子兄弟 安永カエデ、ハヤテ、歳はもう少し上ですがライダーになりたての 桜木タカナ。

この時はまだまだ無名なライダー達で、若手チームとして紹介されてましたね。



結果はなんと、2位3位!


ある意味すごいんですが優勝は FREAKさん

このFREAKがこの時、第5回6回大会と2年連続で優勝していました。



ライダー達の悔しそうな顔や話、年々レベルも高くなり、業界内の話題性も大きくなってきていました。


『来年は絶対に勝とう!』


そして翌年の2012年は3チームでエントリーし、ライダー達には、

『全員で勝とう!どのチームでもいいからベルズで優勝したら、エントリー費は全チーム分をお店で全額負担する!祝勝会もお店の経費でやる!とにかく全員の力で優勝しよう!』
と伝えました。




結果は優勝!



出場選手全員で大会のあとに お店にトロフィーを持ってきてくれました。
優勝チームは昨年3位だった、安永カエデ、ハヤテ、桜木タカナのチーム。

でも、みんなの力で優勝した、という事で記念撮影は出場選手全員で。


みんないい顔してます!

この写真は宝物です!



その後の祝勝会ではいろんな話を聞きました。


この1年で、大きな大会でも多くの入賞経験をして、ライダーとしてもリーダー的な存在にまでなってきた 桜木たかな でさえ、祝勝会が終わったときに、これまでのプレッシャーで大泣きしていました。



昨年2位のチームにいた新井ユキは、決勝トーナメントの途中で敗退しましたが、その後もコースの下から、とても大きな声で応援したり、ベルズの選手がランディンで立てば、まっ先にかけよりハイタッチ!
こうして盛り上げてくれてたそうです。


実は優勝を決める決勝で対戦したのは ユキちゃんの彼氏(現在は結婚して旦那さん)が所属する ゴルゴダ チームとの対戦でした。でも彼女は迷う事なく全力でチームベルズを応援してくれていたんですね。

優勝チームの皆が、『ユッキーの応援は大きかった』と言ってたほどです。


僕は優勝できた事はもちろん うれしいんですが、個々のいいライダーが揃ったのではなく、いいチームができた事がすごくうれしかったです。



安永カエデ、ハヤテは この頃から業界内でも注目されるようになり、夏には単身でアメリカMt HOODに渡り、海外でも "yasunaga twins"として紹介されるほど注目を集めるようになってきました。


SNOVAで滑ってる姿を見ても絶好調で、こうなってくると、今年の KING of SHOPで彼らとチームを組む事がみんなプレッシャーになって、誰が組むのか?
という半分冗談、半分本気な話になってました。



そこで手を挙げたのが、まだサポートライダーでもない若手17才のホープ『鈴木セナ』


ハヤテ、カエデ、セナ の高校生トリオ。

次世代を担うライダーとしても、セナ君にとってもいい経験かなと思い、今年も3チームでエントリー。




結果は優勝!2連覇!



なんなんでしょう?この期待に応えてくれるライダー達。

本当にすごいと思いますし、誇りですね。




昨年は『出場選手みんなで優勝』と言ってましたが、今年は沢山のベルズの仲間やお客さん達も応援に来てくれた事を、出場した選手達はとても喜んで感謝していました。



送られてきた記念撮影の写真は、選手だけでなくベルズのみんなで。と



くどいようですが、本当にいいチームだな〜と。





こうしてライダー達が獲ってきてくれた看板設置の権利。
今年はもうちょっとマジメなデザインにしたほうがいいのかな…(笑)


毎年イベントにはお店の展示会やイベントがあって行けてませんが、主催の星野徹、SNOVA羽島さん、ありがとうございます。



大役お疲れさまでした&今後の活躍も期待してます!


左から、安永カエデ、鈴木セナ、安永ハヤテ











ページトップへ